うつ病にはなりたくなかったけど、うつ病になって分かったこともある

 

あたり前のことを言いますが、
私は、うつ病には決してなりたくありませんでした。

少しづつ、少しづつ改善はしていますが、
今もつらく、苦しい日々を送っています。

私は、うつ病になって良かったなんてことは、
まったくもって思っていません。

 

ただ、自分がうつ病になって、世の中を見る目線が大きく変わりました。
「今までの人生では分からなかったことが分かった」
という感覚がありました。

今回はこういった気づきについて、お伝えします。

 

心と体が一番大事というあたり前のこと

「健康が一番大事」という言葉は、使い古された言葉です。
誰しも聞いたことがあるし、誰しもそれは正しいことだと言います。

 

たけど、私はそれを守ることができませんした。
仕事によるストレスで虫垂炎や帯状疱疹になりました。
そして、これらを原因の一端とし、結果としてうつ病を発症しました。

私がうつ病になった原因は3つ、この原因が揃えば誰でもうつ病になる

2018.04.13

うつ病発症の前兆・・・今思えば体は「助けて」と悲鳴をあげていた

2018.04.13

 

また、流行性結膜炎(はやり目)になった時は、
角膜が傷ついて、目に激痛がはしる中でも、
パソコンを前に、片目をつぶりながら仕事を続けました。
結果として、私の視力は著しく低下してしまいました。

健康が一番大事と知っているはずなのに、いつもいつも、仕事を優先し、
私は、私の心と体のことをいつも後回しにして生きてきました。

 

しかし、私はうつ病を発症し休職となったことで、
自分の「心と体が一番大事」ということを本当の意味で理解しました。

私は自分の「心と体」を犠牲にしてまで、
「仕事=会社」のために懸命に働いてきましたが、
会社は、私のことを一生守ってくれるわけではないのです。

現在、私は会社を休職中となります。
休職期間中であっても、ある程度の給与も支給されますので、
私は恵まれている方だと言えるかもしれません。

だけど、このまま休職が続けば、
私は自動的に退職の扱いとなり、会社を追い出されるのです。

 

心と体が健康であれば、
その間はずっと働いてお金を稼ぐことができます。

だけど、心と体にもしものことがあれば、
それ以降は働くことはできず、収入を得られない状態にすぐに陥るのです。

こんな当たり前のことを私は知っていたけど、
本当の意味で理解していなかったのです。

 

自分が何をしたいのかを考えてこなかった

先ほど私は、「仕事=会社」のために懸命に働いてきたと書きました。
これはこの通りなのですが、もう一方で、別な私の気持ちがあります。

それは、会社をクビにされなくたいと、
必死に「会社にしがみついていた」「会社に依存していた」という側面です。

 

自分に合わない仕事や、健康を害する恐れのある労働環境であれば、
心と体に害がおよぶ前に、その会社を辞めればいいのです。

ただ、私はそういった考えや行動には至りませんでした。
それは、「安定した場所から離れたくない」
という恐怖にも似た気持ちが強くあったからだと思います。

世間一般には、転職すると年収がぐんと下がって後悔するだとか、
何歳以上の転職は難しくなるだとか、ネガティブな情報が蔓延しています。

そういった情報や他人からの助言によって、
私はいつしか、会社にしがみついて依存することしか考えない、
思考停止状態に陥っていました。

 

だから、自分が苦手でやりたくない仕事であっても、
「仕事なんだから、やりたくなくことでも我慢するのは仕方ない」
と言って、自分を無理矢理納得させてきました。

仕事がつらい時期は、
「つらくても根性で頑張れば何とかなる、まだ努力が足りないんだ」
と言って、体に鞭を打って自分をごまかしてきました。

私は、自分の本当のやりたい仕事について、
いつしか、考えることを諦め、ただ会社にしがみつくために、
これを正当化する理由を考えるようになっていたのです。

つまり、私はこれまで、
「本当は自分が何をしたいのか」を考えることを諦めていたのです。

 

人の心の痛み、苦しみを理解すること

これまでの私は、例えば、子供がいじめで自ら命を絶つだとか、
15歳~39歳の死因のトップが自殺であるだとか、
こういったニュースを目にした際、大変恥ずかしいことですが、
どこか自分とは関係ない話だという感覚がありました。

とても不幸なニュースだとは感じてはいましたが、
それは、どこか他人事として捉えていました。

 

だけど、自分が人生のどん底に立たされて、
初めてこれらのことを、自分のことのように感じられるようになりました。

私は、うつ病の症状がもっとも悪い時、
毎日毎日、「この世からいなくなりたい」と頭の中で繰り返し呟いていました。
ただ、自ら命を絶つようなことは、踏み留まることができました。

それは、親のことを考えたり、
他人に迷惑を掛けられない、といった理由もありますが、

もう一つの大きな理由としては、
頭の中で、実際にどうやって実行するのかと考えてみた時、
単純に「とても怖くてできない」と感じたからです。

自ら命を絶つことを実行された方々は、
こういった葛藤や恐怖をも越えて、死を選んだということになります。
それだけ、生きていることが、つらく、苦しかったのでしょう。

こういった、「人の心の痛み、つらさ、苦しみ」を
私は、はじめて、自分のことのように感じるようになりました。

 

まとめ

学んだこと

【うつ病になってわかったこと】
・自分の「心と体の健康が一番」であることを、本当の意味で理解した。

・私は「本当は自分が何をしたいのか」を考えることを諦めていた。

・「人の心の痛み、つらさ、苦しみ」を自分のことのように感じるようになった。

 

うつ病になって分かった、これらのことを一生忘れないように、
そして、これらの気づきを今後の人生に活かして、生きて行きます。